様々なメリットがある資産運用の3つの方法

運用の王道不動産投資

基本的な方法としては土地や建物を貸してその賃料をもらうものですが、不動産投資には様々な利点があります。まずは住宅や駐車場であれば自分で活用することができます。なので他の人に貸せないときでも自分で利用することで無駄になることがありません。ほかには他の金融資産に比べて価額の変動が緩やかです。他のメリットは子供に資産として相続する際に現金よりも税金に関しては優遇されていることです。なので後のことを考えるときも有利な資産になります。

小資本で一攫千金の株式投資

資産運用において株式投資にも大きなメリットがあります。まず一つ目には小資本の人も大資本の人も持ち合わせの資金によって運用ができることです。なので始めはコツコツして、増えれば大きく出るといった長い間付き合うことのできる資産運用になります。他のメリットは会社の業績が好調である場合などは株価が10倍以上になることも珍しくないので、一気に資産を拡大できるチャンスがあります。なので特に小資本の人にはおすすめです。

安定が第一の国債運用

国債とは国が発行する有価証券のことで、これも利子がつくので資産運用の手段としては有効です。大きなメリットとしては元本割れが無いので、結果的に損することが無いです。なので確実に増やすことができます。さらに途中で解約する場合でも銀行の定期預金の場合はペナルティーが課せられるのに対して、国債の場合は一年分の利子がつかなくなるだけです。なので現金を置いとくだけであるならば、積極的に国債で運用してみるのがよいかもしれません。

原油の先物取引にまつわる話題がたびたびクローズアップされるのは、それだけ多くの国や地域の関心事になっているからです。