株価チャート分析の用語をマスターしよう!

「ファンダメンタル分析」と「チャート分析」

皆さんは、株式相場の分析方法について、ご存知でしょうか?分析方法には、大きく分けて2つあって、1つはファンダメンタル分析、もう1つはチャート分析と呼ばれています。前者は、企業の財務状況などの基本的要素を分析して、株価の動向を探るものです。これに対して、後者は、株価のチャートを分析して、そこから株価動向を探って行きます。チャート分析を行う専門家を、チャーチスト(Chartist)などと呼ぶ場合もあります。

「二番底」と二番天井」

チャート分析においては、ちょっと耳慣れない専門用語などが出てきますので、ここで判らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そこで、ここでは、いくつかの専門用語を御紹介していくことにしましょう。まず、「二番底」という用語があります。これは、株価が最低水準になる箇所に、谷が2つできている形のチャートです。これは、その名前から、何となくその意味が想像できることでしょう。それでは、「二番天井」という用語はどうでしょうか?

「三尊天井」と「逆三尊底」

これは、株価が最高水準になる箇所に、山が2つできている形のチャートです。これも、その名前から、何となくその意味が想像できることでしょう。それでは、「三尊天井」は、どうでしょうか?こうなると、もう訳がわからないかもしれませんね!これは、株価が最高水準になる箇所に、山が3つできている形のチャートです。それでは、「逆三尊底」は、どうでしょうか?そうです!これは、株価が最低高水準になる箇所に、谷が3つできている形のチャートです。

ガソリンの先物取引は投資ツールの一つであり、証券や他の商品取引と同様に、成功報酬を得る手段として注目されています。