クレジットカードの審査では、何をチェックしているのか

正社員であれば、誰でも持つことが出来る?

社会人になれば、クレジットカードの一枚くらい持っていても良いだろうと思う人もいるでしょう。ですが、クレジットカードというものは、申込みをすれば誰でもカードを持つことが出来る訳ではありません。カードを持つためには、審査をする必要があります。ですが、この審査も、社会人であれば誰もが簡単に通ると思ってはいませんか。では、実際にクレジットカードを申込みした時に、審査ではどういった所をチェックしているのでしょうか。

3つのポイントをしっかりと抑えよう

クレジットカードの審査でチェックをしている点は、資産と性格、そして返済能力の3つになります。まず資産というのは、申込者がどういった資産を持っているのかどうかになります。申込書の中にある、居住形態や居住年数が、それに当たります。そして、性格というのは、申込者がきちんと返済日にお金を返してくれるのかというのを、他の会社のカード履歴を見て、確認をします。そして、最後の返済能力というのは、正社員なのかどうかといった、安定的な収入があるのかというのをチェックしているのです。

携帯電話の支払い、注意が必要!

先ほど挙げた、3つのチェックポイントで、気をつけなくてはいけないのが、性格になります。初めてクレジットカードを申込みする人は、カードを持っていないのだから、返済履歴なんて無いとは思ってはいませんか。ですが、携帯電話を持つときに、2年契約をして分割で支払っている人は、携帯電話の支払いが遅れてしまったりしますと、それが性格としてマイナスの判断をされてしまう事があるのです。ついうっかり支払忘れてしまったというのは、人間であれば誰しもある事でしょう。ですが、何ヶ月にもわたって、毎月支払いが遅れてしまっている様な人は、チェックの対象になる可能性がありますので、気をつけましょう。

決済代行とは、コンビニ決済、クレジット決済などの多数の決済を一括のシステムと契約で導入するサービスです。